沖縄の渡名喜島の特産物の島にんじんについて

沖縄の渡名喜島は現在観光客から注目を集めている島の一つですが、ここの特産物として上げられるのが島にんじんです。中には島にんじんとは何?と思う人もいるかと思いますので、ここでは島にんじんについての紹介をします。

まず、島にんじんの特徴についてですが、島にんじんは沖縄を代表する野菜の一つです。根の長さが30センチから40センチほどと通常のにんじんよりも長くなっているので、黄色い大根とも呼ばれています。通常のにんじんと比べると甘味が強いと言われており、柔らかいのが特徴的です。またカロテンが豊富にあるので沖縄では古くから薬膳料理に使用されることがあると言われています。

島にんじんを購入した場合、保存方法について気になる方もいるので紹介をしますが、基本的には泥付きの方が風味はいいと言われています。しかし、泥が付いたままで濡れてしまうと傷みやすくなると言われています。傷むと味も変わってしまうので、なるべく泥は取って保存をするといいでしょう。冷蔵庫に入れる時には乾燥させた状態でラップに包んだり、袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。

食べ方としては揚げ物や煮物、炒め物など通常のにんじんのように調理を楽しむことができます。沖縄を訪れたときには島にんじんの購入を検討してみてはいかがでしょうか。