沖縄の離島にある渡名喜島について知ろう

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、沖縄には複数の島が存在しています。沖縄は観光客が多く訪れる町で、年中たくさんの人たちが県外、海外から訪れます。沖縄にはさまざまな島がありますが、その中でも最も知られていないと言われている島があります。それが渡名喜島です。

沖縄には行ったことはあるけれど、離島の渡名喜島はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。実は、渡名喜島は沖縄の中でも観光化があまり進んでいない島と言われています。そのため、静かな島と呼ばれています。中には渡名喜島について興味のある方も多いかと思いますので、ここでは沖縄の離島にある渡名喜島についてお話します。

そもそも、渡名喜島がどんな島なのか分からないという方も多いことでしょう。渡名喜島は、沖縄本島の西に浮かぶ小さな島です。実際に周囲12.5キロほどの小さな島のため、あまり目立ちません。島の中でも、久米島は聞いたことがある人も多く観光客も多いですが、この久米島の東に位置しているのが渡名喜島です。

渡名喜島に行くための方法としては、那覇もしくは久米島からのフェリーが唯一の手段です。基本的には毎日1便しか出航しません。また海を渡ることとなるので、天候が悪い時期は渡名喜島に渡れないということもあります。また、基本的には1日に1便しかないので注意しましょう。

このように一部分の説明になりましたが、なかなか簡単に行くことができない島なので、近年では注目を集め始めています。