沖縄の渡名喜島の特産物の島にんじんについて

沖縄の渡名喜島は現在観光客から注目を集めている島の一つですが、ここの特産物として上げられるのが島にんじんです。中には島にんじんとは何?と思う人もいるかと思いますので、ここでは島にんじんについての紹介をします。

まず、島にんじんの特徴についてですが、島にんじんは沖縄を代表する野菜の一つです。根の長さが30センチから40センチほどと通常のにんじんよりも長くなっているので、黄色い大根とも呼ばれています。通常のにんじんと比べると甘味が強いと言われており、柔らかいのが特徴的です。またカロテンが豊富にあるので沖縄では古くから薬膳料理に使用されることがあると言われています。

島にんじんを購入した場合、保存方法について気になる方もいるので紹介をしますが、基本的には泥付きの方が風味はいいと言われています。しかし、泥が付いたままで濡れてしまうと傷みやすくなると言われています。傷むと味も変わってしまうので、なるべく泥は取って保存をするといいでしょう。冷蔵庫に入れる時には乾燥させた状態でラップに包んだり、袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。

食べ方としては揚げ物や煮物、炒め物など通常のにんじんのように調理を楽しむことができます。沖縄を訪れたときには島にんじんの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

渡名喜島に行くなら見ておきたい3つのビーチ

渡名喜島は基本的にはサービスなどが揃っている島ではありませんが、ビーチなどでは楽しむことができます。島にはいくつかビーチが存在していますが、その中でも魅力的な3つのビーチについて紹介します。

まず1つ目は、あがり浜と呼ばれるビーチです。ここは天気が良ければ島の中でも一番透き通った海だと言われています。渡名喜ブルーと呼ばれるほど青く澄んだ透明度の高い海なので、他ではなかなか見ることができない透明度の高い海を見たいと思うならあがり浜を訪れてみるといいでしょう。

続いて2つ目は、アンジェーラ浜と呼ばれるビーチです。ここはウミガメが住む浜で有名のビーチですが、ここではシュノーケリングなどを楽しむことができます。集落からは歩いて20分程かかると言われているので、多くの人で賑わうということはありません。人の少ないポイントとなるので、ビーチでゆっくりとしたいと思っているならアンジェーラ浜を訪れてみるといいでしょう。

最後に3つ目は、呼子浜と呼ばれているビーチです。ここはウミガメが産卵に訪れるビーチなので、海の中に入る人は少ないと言われていますが、自然にあふれたビーチとなっているので渡名喜島に行ったら訪れたいビーチの一つと言われています。

渡名喜島で楽しむためには

沖縄の離島にある渡名喜島は、小さな島で天候の良い日しか上陸することができません。また、先ほども説明したようにフェリーも1日に何本も出航するわけではありません。基本的には1日に1便となりますが、4月から10月にかけては1日に2便は出航します。

このタイミングなら日帰りもできなくはないですが、日帰りとなると滞在時間は5時間程となるため、観光するにはあまり時間がもてません。そのため、ゆっくりと滞在したい場合には、なるべく泊まりで行かれることをおすすめします。しかし、宿の数が4軒ほどと限られているのが渡名喜島の特徴です。そのようなことから、渡名喜島で楽しむためには事前にしっかりと計画をしておくことが大切です。

渡名喜島はどんなことが魅力なの?と気になる方も多いかと思いますが、多くの人が魅力に挙げるポイントとしては「何もない」ということです。基本的に他の島に比べると、例えばダイビングショップなどもありません。基本的には観光地ではないため、自分でどうやって時間を過ごすかについて考えなくてはなりません。人によっては不便と思う場合もありますが、これが渡名喜島の魅力的な部分でもあるので、ゆっくりのんびりしたいと考えている方やどうやって時間を過ごすかということが決まっているなら、有意義な時間を過ごせるでしょう。

沖縄の離島にある渡名喜島について知ろう

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、沖縄には複数の島が存在しています。沖縄は観光客が多く訪れる町で、年中たくさんの人たちが県外、海外から訪れます。沖縄にはさまざまな島がありますが、その中でも最も知られていないと言われている島があります。それが渡名喜島です。

沖縄には行ったことはあるけれど、離島の渡名喜島はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。実は、渡名喜島は沖縄の中でも観光化があまり進んでいない島と言われています。そのため、静かな島と呼ばれています。中には渡名喜島について興味のある方も多いかと思いますので、ここでは沖縄の離島にある渡名喜島についてお話します。

そもそも、渡名喜島がどんな島なのか分からないという方も多いことでしょう。渡名喜島は、沖縄本島の西に浮かぶ小さな島です。実際に周囲12.5キロほどの小さな島のため、あまり目立ちません。島の中でも、久米島は聞いたことがある人も多く観光客も多いですが、この久米島の東に位置しているのが渡名喜島です。

渡名喜島に行くための方法としては、那覇もしくは久米島からのフェリーが唯一の手段です。基本的には毎日1便しか出航しません。また海を渡ることとなるので、天候が悪い時期は渡名喜島に渡れないということもあります。また、基本的には1日に1便しかないので注意しましょう。

このように一部分の説明になりましたが、なかなか簡単に行くことができない島なので、近年では注目を集め始めています。